【Cocoon】ブログにTwitterやInstagramを埋め込む方法!埋め込みで得られる効果についても解説!

スポンサーリンク
blog-sns-topブログ
悩んでる人
悩んでる人

ブログの記事にSNSを埋め込みたいけど、やり方がわからない…

こんな悩みにおこたえします。

ブログを運営していると、SNSの投稿を載せたくなるシーンがでてきますよね。

  • 口コミとして
  • 画像の引用として
  • 権威性の拝借として

他にも使い方はさまざまありますが、使いこなすことでブログの幅が大きく広がります

今回はSNSの埋め込みのやり方とその効果について解説いたします!

こんな方向けの記事
  • SNSの埋め込み方法がわからない
  • SNSを埋め込む効果を知りたい
  • そもそも埋め込みってやっていいのか
スポンサーリンク

ツイッターをブログに埋め込む方法

こんな感じのやつです。

今回は例として自分のツイートを埋め込んでみましたが、今から説明する方法で他の方のツイートも簡単に埋め込むことができます。

ツイッター上での手順

ツイッターの埋め込み手順1

①埋め込みたいツイートの右上にある赤丸部分をクリック。

ツイッター埋め込み手順2

②画像のような項目が出てくるので「ツイートを埋め込む」をクリック。

ツイッター埋め込み手順3

③↑のような画面に切り替わったら矢印部分の青いボタン「Copy Code」をクリック。

ツイッターの埋め込み手順4

④これでコードのコピーが完了!あとはブログに張り付けるだけですね。

ブログ上での手順

ツイッターの埋め込み手順5

①「ブロックの追加」をクリックすると色んな項目が出てきますが、この中にある「フォーマット」をクリックすると「カスタムHTML」があるので、それをクリック。

たな坊
たな坊

もしくは赤く囲んだ部分に「カスタム」って打ち込むと「カスタムHTML」が出てきます!

ツイッターの埋め込み手順6

②「カスタムHTML」をクリックすると↑のようなボックスが出てくるので、そこに先ほどツイッター上でコピーしたコードを貼り付けます。

ツイッターの埋め込み手順7

③貼り付けるとこんな感じ。ソース丸出しで不安になると思いますが、プレビューを押すと…

ツイッターの埋め込み手順8

④しっかり埋め込みができてますね。これで完了です!

手順さえわかっちゃえば何も難しくありませんね。

インスタをブログに埋め込む方法

せっかくなのでインスタの手順も載せておきます。

正直ツイッターの埋め込み方法とほぼ一緒ではありますが、念のために!

こんな感じで表示できます。

インスタ上での手順

インスタの埋め込み手順1

①ブログに載せたい投稿を開いて右上赤丸部分の「・・・」をクリック。

インスタの埋め込み手順2

②選択できる項目が出てくるので、赤く囲った「埋め込み」をクリック。

インスタの埋め込み手順3

③↑のポップが出てくるので、矢印が指す青いボタン「埋め込みコードをコピー」をクリック。

ブログ上での手順はツイッターと同様。

「カスタムHTML」を開き先ほどコピーしたコードを貼り付ければ完成です。

お疲れさまでした!

スポンサーリンク

SNSを埋め込むことで得られる効果

これは大きく3つの効果が得られます。

SNSの埋め込みで得られる効果
  • 信頼性
  • 読みやすさ
  • ブログとSNSの連動性
たな坊
たな坊

一つづつみていきましょう!

信頼性

SNSの埋め込みを使うことで、信頼性が増します。

自分の意見だけだと、どうしても説得力に欠けるシーンなんかに有効。

例えば商品の購入を考えている人がいるとして、購入前の使用感を知りたい場合、

”一人の使用感””複数人の使用感”を載せてる記事があったらどちらが参考になるかということです。

おそらく多くの方が”複数人の使用感”を載せてる記事の方が参考になるはずです。

一人の意見よりも大勢の意見の方が信頼できるからですね!

多くの人が利用する「食べログ」なんかでも”口コミ”の評判を点数にして表示してますよね。

それを見た人が「こんだけ多くの人が高得点を付けてるんだから、美味しいに違いない!」ってことで足を運ぶわけです。

SEO的にも「専門性、信頼性、権威性」は重要視される部分ですが、上手く使えばSNSの埋め込み一つでこれらをカバーすることも可能になります。

読みやすさ

テキストだらけのブログだと読みづらさが出てしまいます。

いくらイイことが書いてあっても読みづらいと、読む気がなくなっちゃいますからね…

そのために適度に画像を置いたり、空白を調整したり、装飾を施したりしますが、SNSの埋め込みも読みづらさ解消のツールとして使えます

ちょっと絵替わりするだけで違いますよね!

ブログとSNSの連動

これは自分のツイートやインスタの投稿を埋め込んだ際、それをクリックすると自分のSNSに飛んでくれるからです。

検索流入だけでなくSNSからの流入も考えなくてはならない時代。

その窓口を増やすための手段としても使えます

埋め込みってやっていいの?

ブログを運営してると気になるところだと思います。

ツイッターとインスタの利用規約をそれぞれ抜粋しました。

Twitterの利用規約

ユーザーは、本サービス上にまたは本サービスを介してコンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社が, 既知のものか今後開発されるものかを問わず、あらゆる媒体または配信方法を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります。(明確化のために、これらの権利は、たとえば、キュレーション、変形、翻訳を含むものとします。)

このライセンスによって、ユーザーは、当社や他の利用者に対し、ご自身のツイートを世界中で閲覧可能とすることを承認することになります。

引用元 Twitter

つまり、ツイートは発信した本人に所有権があるけど、他の媒体で使用したり、他の利用者に使われることをTwitter運営が承認すると書かれています。

Instagramの利用規約

弊社が利用者のコンテンツの権利の帰属を主張することはありませんが、利用者はコンテンツを使用するためのライセンスを弊社に付与します。

利用者がそのコンテンツについて保有する権利に変動が生じることはありません。弊社は、利用者がサービス上で、またはサービスを通じて投稿するいかなる利用者のコンテンツについても、その権利の帰属を主張しません。 ただし、利用者がサービス上で、またはサービスに関連して、知的財産権の対象となっているコンテンツ(写真や動画など)をシェア、投稿またはアップロードする場合、利用者は、弊社が(利用者のプライバシー設定およびアプリ設定に沿って)利用者のコンテンツをホスト、使用、配信、変更、運営、複製、公演、公開あるいは翻訳し、また派生作品を作成する非独占的、使用料なしの、譲渡可能、サブライセンス可能な全世界を対象としたライセンスを付与するものとします。

引用元 Instagram

こちらもインスタの投稿はユーザーに所有権があるけど、使用する上でのライセンスはInstagram運営にあると書かれています。

ツイッター、インスタ共に「埋め込み」という機能が付いているので、この機能を利用してブログに載せることは、運営側が認めてると捉えて問題ないということですね。

まとめ:SNSの埋め込みでブログに幅を持たせよう!

SNSの埋め込みを使うようになってから、ブログ記事作成の幅が大きく広がりました

先ほど挙げた「SNSを埋め込むことで得られる効果」以外にも”記事ネタ”として使うこともできるので、「ネタが浮かばないー!」って方にも非常に有効です。

たな坊
たな坊

自分がSNSで発信した内容を深堀して記事にしたり、世間的にバズってる内容を記事にしたりですね!

インスタの綺麗な写真をお借りすることで、自分のブログを”お洒落化”させることもできますね!

ちょっとニッチですが、記事冒頭のあいさつ文にツイッター載せたいって方はコチラも!

SNSの埋め込みで悩んでる方は是非参考にしてみてください!

以上っ!

タイトルとURLをコピーしました