お得過ぎるAmazonプライム

パチンコ・パチスロをやめたい…←無理にやめなくて大丈夫です

スポンサーリンク
コラム
悩んでいる人
悩んでいる人

おいおい金保留でハズれるとか勘弁しろよ、何万ぶち込んでると思ってんだ、もう二度と打たねえ!(多分明日も行くんだろうな…あーあやめたい…)

本記事ではこんな悩みを抱えてる方に「無理にやめない」という提案をしています。

タバコでもそうですが、中毒性のあるものを急に絶つってめちゃくちゃしんどいですからね、段階を踏んで徐々にフェードアウトするのがベスト。

大学生の頃からつい1年前まで暇なしパチ屋に行ってた私が、距離をとることができた過程をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

私のパチスロ依存度合

たな坊
たな坊

まずこの話をするにあたってどれくらいパチスロにのめり込んでいたかをお話ししておきます。

・パチスロ歴12年
・学生のころは週4ペース
・社会人になってから週2ペース
・友達の誘いよりパチスロ優先
・家にいるときはパチスロ動画を見る
・スマホにはパチスロアプリ山ほど
たな坊
たな坊

ギャンブル依存症チェックでは20点中12点でした。

ちなみに5点以上で病的ギャンブラーとのこと…

学生時代は必修科目に行かなきゃいけないのにサボってパチスロしたり、バイトも代わってもらってパチスロ行ったりしてました。

「パチンコパチスロを辞める方法!」とか「私がパチスロを辞めるために取った10の行動!」類のネットに転がっている記事を試しましたが全くダメ。

よく「財布にお金を入れて出歩かない」って見かけますがあんなの効果ないです。

パチンコ屋にATM設置してあるところ増えてきましたからね。ってかキャッシュカードを家に置いて出かけても戻って取りに行きますから!

一般的に見たら相当ヤバいハマりっぷりだと思いますが上には上が全然います。

パチンコパチスロにハマるメカニズム

これは私の持論なんですけど、多くのギャンブラーがここまでどっぷりハマるのは4つの忘れられない快楽に脳が支配されていることが要因だと考えています。

期待感

パチスロを打ちに行く前ってドキドキしますよね?

例えば明日“ライター来店イベントの店”に行くとします。その場合朝一の並びが予想されるので早めに寝ようと思うんですけど、なかなか寝れないんです。

たな坊
たな坊

小さい頃あった遠足の前日みたいなもんです!

「もし抽選番号良かったらアレ打とう!」とか「あの台の6ツモって終日回したらいくら勝てるな!」とか、期待感が尋常じゃないんです。

不安なこととか一切なく、ただただ期待に胸が膨らんで一夜を過ごします。

当日も期待感が常に心の中にあります。

高揚感

打っていて当たった時は高揚感が脳を支配します。

パチスロの当たった時ってとんでもない光と音で打ち手を大歓迎してくれるんですが、これがたまらないんです。

そして当たった喜びもつかの間、スロッターはそのあとの理想の展開を頭の中に一瞬でイメージします。

たな坊
たな坊

我々はそういう能力を持っています!

動画で見た一番ヤバいシチュエーションがこの後自分にも訪れるんじゃないかという期待感高揚感に心躍るわけです。

安堵感

これはエゲツナイくらいにお金を投資してしまって、どうしようもない状況で当たった時に訪れます。「うわー助かったー、、良かったー」

実際には全く助かってないんですがそのように思います。

スロッターの脳内は大体こんなもんです。

もしくは隣に座っている人が信じられないくらい投資していて、どこか遠くをボーっと見つめながら打っているのを見た時に感じます。「あー隣の台に座らないで良かったー」

これがパチスロにおける安堵感です。

そしてどんな状況であろうと当たったらまた期待感高揚感に包まれます。

優越感

これは単純に自分が打っている周辺で一番でかい当たりを引けたときに感じることができます。

基本的にパチンコ屋では持っている出玉がそのままステータスになるので、自分の後ろにドル箱が積み上げられるほどにこの快楽は強くなります。

ましてや周りの人が鳴かず飛ばずの状況ならなおさらです。その光景を見ながら缶コーヒーにタバコで一服です。

プハー!また当たっちまった!!ひゃっほー!

たな坊
たな坊

客観的に見たらクズですねコレ

この4つの快楽がグルグル脳を駆け巡り、一喜一憂をひたすら繰り返します

たな坊
たな坊

こうゆうことでしょうね!

この感覚って日常生活ではなかなか味わうことができない感覚だと思うんです。
普通に朝起きて、会社に行って、帰ってきて、寝るまでの間にどれか一つくらいはあるかもしれませんが、すべての快楽がエンドレスで味わえる機会なんてほぼありませんよね。

パチンコ屋にはそれが詰まっているんです。

ぴー
ぴー

恐ろしい…

パチスロと距離をとるためにやったこと

たな坊
たな坊

あくまでも私の場合です。

それでは項目別に見ていきましょう!

他に熱中することができた

私はずっと趣味がなく、休みの日にパチンコ屋に行ってはお金を落とす日々でした。

「もうちょっと自分のためになることとか、人に話せるような趣味持ちたい」ていうのが心の中にあったんですが行動に移すことができないでいました。

ブログも昔から興味はあって「好きなことを記事にするとお金になるの!?」って感じでやろうとしては辞めを繰り返していました。

そんな私が一大決心できたのは人気YouTuberのDJ社長の有名な40分動画を見たのがきっかけでした。

その動画では「YouTubeで動画投稿してるだけで金もらえるなんて羨ましいなー!って思ってる奴は指くわえてみてないでやってみればいいじゃん!どうせこの動画見てその気になっても実際に動く奴なんて何人もいねーけど」って感じの内容でした。

私は行動力皆無なネガティブ人間なんですけどこの動画が刺さり動くことができました。

ぴー
ぴー

めっちゃミーハーじゃん

たな坊
たな坊

いや、あの動画は素晴らしい!

冷静に分析してみた

収支をつけてみてください。

幸い私はパチスロ歴12年でトータル収支トントンくらいですみました。けど冷静に考えたら12年でプラマイゼロってヤバくないですか?

仮に「時給1000円、6時間、週2回」で働いていたとしたら1年で約57万。12年で約690万!690万ですよ!

パチスロで690万勝とうと思ったら信じられないくらい努力しないといけないし、努力しても運に左右される要素がかなり強いから確実に稼ぐなんて無理です。

けど普通に働いていればそれだけのお金を確実に稼ぐことができます。

言ってしまえば690万捨てたようなもんです。実際それだけ稼ぐことができる時間を捨てたことに変わりはありませんが。

おそらく大半のスロッターはお金欲しさに打っています。けれどもふたを開けてみたらとんでもない大損をしているんです。

実際には遊びながらお金を稼ぐという行為に魅力を感じてると思いますが、それでいったらブログを書きながらお金を稼いでいる人YouTubeでゲーム配信しながら稼いでいる人もいます。

パチスロに比べたらよっぽどローリスクに楽しみながら稼げると思いませんか?

目的が変わっていることに気が付いた

最初はお金欲しさのために行っていたパチスロでしたがいつしか「あの演出が見たい!」「あの音が聞きたい!」に変わっていました。

たな坊
たな坊

“脳汁”を欲しているだけだと痛感しました、、

これがいわゆる依存症ってやつですね。私は早い段階で自分が依存していることに気が付くことができました。

なぜなら大負けして凄い後悔した翌日にはもう行きたくなっているんですもん

自分が依存しているって理解することも大事なことだと思います。

依存している自覚があるからこそ無理に辞めようとせず徐々にフェードアウトする方法を探すようになれたんです。

低貸で遊技する

基本的にスロットは1000円で50枚のメダルを借りて遊戯します。つまり1枚20円です。

低貸っていうのはオーソドックスなもので1枚5円というのがあります。5スロってやつですね。

同じ1000円でも200枚のメダルを借りることができるので4倍遊技することができます。私の末期みたいにお金目的ではなく音や光の演出だったり、非日常感を味わう目的であればまあまあ堪能できます。

当然見返りも興奮も4分の1なので物足りなさはありますが意外と慣れます

あと低貸でイベントをやっているお店がとても少なく、慣れてくるとスロットのイベントとかを気にしなくなります。イベントだと当然いつも以上に設定を使ってくるので勝てる確率が高くなるんですが、イベントじゃない日は酷いありさまですw

これになれると逆に20円スロットの投資スピードの速さが怖くて打てなくなってきます。

たな坊
たな坊

金銭感覚がおかしかったのが凄くわかります!

まとめ

「パチスロは時間の無駄だから辞めよう!」なんて言うつもりはさらさらありません。私もいまだに行きたくなりますし、新台のチェックとかしちゃいます。ピーワールドもブックマークに入れたままだし、実践動画もたまに見ます。

そんな私でも「パチスロに行く時間を減らしたい」と強く思って出来ることを行動に移した結果イイ感じの距離を保つことができました

実際にパチスロに行く時間が減ってすごく充実した日々を過ごせている実感があります。

たな坊
たな坊

そりゃー朝から晩まで打つのが無くなったら時間めちゃくちゃできるもんね!

もし少しでも行く時間減らしたいと考えている方がいれば参考にしてみてください。

以上っ!

↓↓ブログの応援お願いいたします!↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました